私たちが、普段の食事で取る栄養も、それだけでは体の中できちんと働きません。酵素があって初めて栄養がエネルギーに変わるのです。

生きるために絶対になくてはならない「酵素」

酵素がなぜ生命活動の主役と言われるか、それは酵素の特殊な働きによるところが大きいといえるでしょう。
身体をつくるさまざまな栄養素のなかでも、人間や動物が呼吸したり、運動したり、会話したりなど、日々の活動を行う上で不可欠なものとなっています。

単に食べ物を消化吸収するだけではなく、生きていくための色々な活動の調整役として非常に重要な役割を果たしています。

健康食品やサプリメントを無駄にしていませんか?

国民栄養調査などによると、多くの現代人が栄養が偏り、バランスを崩していると言われています。中でも脂肪と炭水化物の摂り過ぎでビタミン、ミネラルは不足しすぎているのだそうです。

ビタミンやミネラルが身体に良いと知って健康食品やサプリメントを積極的に飲んでいるけれど、今ひとつ効き目が現れないという経験がある方も多いのでは?

この問題を解く鍵が酵素にあります。
いくら、ビタミンやミネラルを摂っても、酸素がなければ身体の中で充分に働けません。酵素あってのビタミン・ミネラルなのです。

人の体を家に例えるなら、酵素は「大工さん」

酵素は「大工さん」、ビタミン・ミネラルは「道具」、栄養素は「材料」

大工たちが適確な仕事をすれば、丈夫で長持ち・使いやすくてすみやすい、立派な家ができるのと同様に、身体も健康バランスを保つことができます。

まともな大工がいないと、基礎をはじめとするあちらこちらに欠陥が生じ、危険な家となってしまうことと同様、身体の健康バランスを保つことができなくなってしまい、やがて病気となります。


  • 加齢と酵素の関係
  • 酵素がなぜ必要?
  • 酵素不足になると・・・
  • 注目されている理由
  • 酵素体験記
  • メディア掲載特集
  • Q&A
  • 雑誌やTVなどのメディアで紹介されている酵素関連情報をお伝えします!
  •