兼子ただしさんインタビュー「ファスティングの極意」詳しくはこちら

ファスティングダイエットにぴったり「おすすめレシピ」詳しくはこちら

ファスティングQ&A

ファスティングについて、よくある「?」に丁寧にお答えしていきます。

Q.ファスティングって何ですか?
A.英語で、fasting。Fast=断食する、という意味の言葉で、そのまま「断食」「絶食」をすることです。こちらの「ファスティングとは?」ページでもっと詳しく説明していますので良かったらご覧下さいね。
ファスティングとは?
Q.ファスティングすると、どんないいことがありますか?
A.単にダイエット目指すだけではなく、気になる肌荒れなど「キレイと元気」を、極めて効率的に応援してくれるのがファスティングです。ファスティングというのは内蔵の大掃除です。食べものを毎日消化吸収する内蔵は、普段使われ続けるために洗浄したり掃除したりする機会がありません。その働き者の内蔵にお休みしてもらって、さらにキレイに大掃除し、本来の働きを取り戻すことができます。
Q.ファスティング中に気をつけなければならないことは?
A.何よりも気をつけたいのは水分の摂取です。また、一気に長期間ファスティングをやるようなことは危険ですので、絶対に行わないでください。こちらの「気を付けておきたいこと」ページでもっと詳しく説明していますので良かったらご覧下さいね。 気を付けておきたいこと
Q.ファスティング中は、タバコ・ガム・飴も口にしてはいけないのですか?
A.タバコ・ガム・飴などの嗜好品は極力口にしないでくださいね。ファスティング中、体は最低限の栄養素だけで活動をしていきます。タバコに含まれるニコチンなどの有害物質、飴の糖分、ガムを噛むことで分泌される胃酸・・・など、例えそれがほんの少しの量や変化でも体は影響を受けてしまうのです。でも、なかなかタバコの我慢は難しいですよね。我慢することがストレスを抱える原因になるようでしたら、シュガーレスのガムなどを噛むのはいかがでしょう。
Q.ファスティングを行う期間について、3日間、2日間、1日、半日…など、様々な期間を紹介されていますがどれが一番いいのでしょうか?
A.どの方法が正解ということありません。ご自身のライフスタイルやその時の体調によって調整されるのがいいでしょう。共通するのは、長期間に渡って一気にファスティングすることだけは、危険ですので行わないでください。
Q.ファスティング中の仕事や運動は?
A.デスクワークは問題ありませんが、まれに持続力がいつもより落ちる場合があります。(反面、集中力は高まるという報告もあるようです。)体を動かすお仕事や軽い運動についても、いつも通り行なって頂いて構いません。しかし、激しい運動は避けてください。可能であれば休暇を利用され、ストレスのない状況で行なうのがおすすめです。
Q.初めて挑戦しましたが、ほとんど変化が見られませんでした。
A.身体に溜まった不要物を洗い流そうとしている段階だと思われます。それらがなくなるにつれ、徐々にリズムが出来てくる方が多いようです。
Q.ファスティング中、便が出なく(出にくく)なりました。なぜ?
A.ファスティング中は少ない栄養素の中から、最大限、それを効率的に吸収しようとする上、食物が体内に入ってこないので便の形成も少なくなったりする場合があります。しかし、問題はありません。
Q.妊娠中や授乳期は、なぜ、ファスティングしてはいけないのでしょうか?
A.妊娠中・授乳中は、ファスティングされるご本人の最低限な栄養素だけではなく、お子様分の栄養素も必要になるためにおすすめできません。
Q.2回目のファスティングを行ないたいのですが、1回目からどれくらいの間隔を開ければ良いのですか?
A.体の負担を考え、間隔は1ヶ月位がいいでしょう。