兼子ただしさんインタビュー「ファスティングの極意」詳しくはこちら

ファスティングダイエットにぴったり「おすすめレシピ」詳しくはこちら

気を付けておきたいこと

ファスティングをする時、体はいつもと違う状態になります。
(だからこそ、キレイと元気にはとてもオススメなのですが・・・)

特に初めて挑戦される方には、体にとって「初めての変化」となるワケですよね。ですから、自分の体がそれを受け入れられる状態であるかどうか、さらに、ファスティングをする上で気にかけておいた方が良いことを、こちらで順番に紹介していきます。必ず、チェックしましょう!


チェック1!【ファスティング挑戦前に】

あてはまる場合は、残念ながらファスティングをおすすめできません。体が準備万端になるまで待ってあげてくださいね。

  • 体調を崩している
  • 薬を服用している
  • 妊娠している
  • 内蔵に障害や病気がある
  • 痩せすぎている、体重が平均を大きく下回る
  • 中学生以下(体が発達途中)である

※生理中のファスティングについては、「避けた方が良い」「問題ない」との両説があります。ご自分の体調や、気になる場合はかかりつけのお医者さんに相談されることをおすすめします。

チェック2!【ファスティング前夜】

「いよいよ明日から始めるぞ!」
そんなファスティング前夜の準備と心構えについてです。

夜8時頃までに夕食を終えておく。最後の夕食は軽めに。肉類、油もの、高脂肪高カロリーなもの(ケーキなど)、アルコールはNG!

※暴飲暴食は絶対ダメ!…ファスティング中は好きな物が食べられないからといって、前日に無茶な飲食をしてしまうことのないように!

チェック3!【ファスティング中】

ついつい、いつものクセで「ぱくっ!」と口に入れてしまわないで!ファスティング中、次のものは絶対に摂らないように気をつけてください。

  • カフェイン入りのもの(コーヒー、紅茶、緑茶)
  • 清涼飲料水、スナック類、ガム、キャンディーなどのお菓子やジュース類
  • アルコール、たばこなどの嗜好品。

そして、最後は一番大切なこと。体を壊してしまわないために、絶対に守って欲しいことです。健康を害してしまっては、本末転倒です。

  • ファスティング中は、必ず水分補給をマメに行うこと。
  • 一気に長期間ファスティングをしないこと。(最長3日程度に留めましょう)

せっかくのファスティングが無駄にならないように、自分の体の状態に注意しながら、最後まで乗り切りましょうね。

なお、ファスティングを行なう時は、上記ルールに限らず、自分の体の様子を見ながら臨機応変に行なうようにしてください。頑張りすぎず、働き者の内蔵たちを気持ちよくお休みさせてあげましょう。きっとイキイキと復活して、また、働いてくれるはずですよ。